So-net無料ブログ作成

かかる気持ち(1〜4回目) [剣道]

1月5日(木)0700〜0800 職場の体育館
1月6日(金)1200〜1245 職場の体育館
1月8日(日)0900〜 目黒区立中央体育館
1月9日(祝)0900〜 母校の格技場

日曜日の稽古は、かかることを忘れない意味でも、まずは師範の先生の下へ
出足というか、攻めなのでしょう、圧倒されまくりましたが、
足腰から、しっかり打ち抜けることに心がけました。

成人の日は、母校の高校へ
古希を迎える恩師に稽古をつけていただきました。

不思議なのか、必然的なのか、目黒の稽古と全く同じような稽古内容となりました。
先生の出足が鋭く、先の先の技が難しい…

「俺からあれを取ったら、何も残らないからなあ」と先生は笑います。

先輩との稽古も然り。
「審査の良いイメージが残っているから形を崩したくないのか、肩に力が入っている。合格した後は、常に、かかる気持ちで稽古しなきゃ」と指導を受けました。気持ちは、「かかる気持ち」なのですが、体で表現できていないようです。

「雰囲気は出てきてぞ(笑)」と先生と先輩から言われましたが、この先を取る足さばきが当面の課題なのかなあ…

今年も修行が始まりました。
タグ:稽古 剣道 母校
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る