So-net無料ブログ作成

備忘録(近い間合い)(56・57回目) [剣道]

5月2日(火)1200〜1245 職場の体育館
5月4日(祝)1000〜 母校の高校の格技場

間合いは、体格や攻め方に応じ、人それぞれ好みがあると思います。
近間、遠間、選り好みなく、等しく稽古することが必要であると感じます。

私の苦手な間合いは、距離感として一足一刀よりも更に近いところで練られられる時
実は、1年前までは好きな間合いだった。

なぜ、苦手になったのか?
それは、私的に、相手の起こりを捉える位置として近すぎることがわかったから、かなあ?

相手の心を撃つ打突、相手が「参った!」と思う機会を考えた時、
自分に置き換えると、やはり、起こりを捉えられた時ですね。

起こりは、いわゆる四戒が生じた時に出るもの
四戒が生じる間合いから、いかに打ち抜けるか
最近、特に意識しているところです。

ドサドサと中に入って、ジワーと練っても、相手は迷わないことが多くて、
我慢比べの世界に入って、あとは、パワープレイになる傾向が、

打突も、至近なこともあり、足腰が残った上半身のパワー、瞬発力に頼ったものが多くなるような気がします。

じゃあ、この、中でジワーとやる人との立会い方は?

ある八段の先生は、間合いを更に詰めて、剣先が相手に付いたら、また、構え直し攻め直せば良いし、無駄な動きもなくなる、と言われます。これを実践してみますと、その通りなのですが、こだわり過ぎると、独りよがりになるような気もします。

一方で、ある八段の先生の立会いをみると、足を作りながら、攻め足を使って積極的に仕掛けています。

剣道は、相手を敬い、受け入れて初めて自分の剣道が活きてくるものと思っています。
この、まさに苦手となった間合いの相手に対して、どのようにして受け入れ、心を撃つのか、
答えのきっかけ、未だ、見えません(笑)
タグ:稽古 剣道
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。