So-net無料ブログ作成
検索選択

感謝(80〜100回目) [剣道]

10月18日(火)1200~1245 職場の体育館
10月23日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
10月24日(月)1200~1245 職場の体育館
10月25日(火)0700~0800 職場の体育館
10月26日(水)1200~1245 職場の体育館
10月27日(木)0700~0800 職場の体育館
10月31日(月)1200~1245 職場の体育館
11月2日(水)1200~1245 職場の体育館
11月3日(祝)0900~ 目黒区立中央体育館
11月7日(月)1200~1245 職場の体育館
11月8日(火)1200~1245 職場の体育館
11月9日(水)1200~1245 職場の体育館
11月12日(土)1000~ 母校の武道場
11月13日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
11月15日(火)0700~0800、1200~1245 職場の体育館
11月16日(水)1900~2000 目黒区立中央体育館
11月20日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
11月22日(火)0700~0800、1200~1245 職場の体育館

東京武道館、七段審査
会場に入ると人が多く、いつもの独特の雰囲気
「来春の名古屋でもいいかなあ」との弱気が襲ってくる…

小学校1年生の時に、落ち着きがないと、両親が町の道場に導いてくれたこと
道場では、毎回、床に転がされたこと
中学校では剣道部がなく、高校でコンプレックスを抱えながら部活動に取り組んだこと
高校でもまた、激しく床に転がされ、恩師に人間性や剣道の原型を作っていただいたこと
大学でも、良き先輩、後輩に恵まれ、部活動の運営に熱中したこと
などを思い出す。

身長の低い私は、しっかりと中に入らないと、相手を威圧することができない...
「強気で、勇気を持って前に出ろ」と自分に言い聞かせる。

職場や地域の先生方、剣友との稽古の日々を回想
師範の先生も、「普段通りにやれば大丈夫だぞ!」と激励してくれている。

19歳の時に両親に買ってもらった剣道具を着用する。
汗と涙が染み込んだ剣道具、大事に使ってきた。
自然と、両親や稽古などで迷惑をかけている家族の顔が思い浮かぶ。

ほんと、周りの人に色々迷惑をかけてしまった。

やはり、今日は落ちるわけにはいかない...

ぐっと中に入って繰り返し起こりを捉える。初太刀は面。打ち抜ける。縁を切らない。
シンプルにそれだけを考えた。

初太刀、攻め足を利かせて、ここだ!というところで面に飛びましたが、相手がいません(汗)
剣は空を切りましたが、打ち抜けることができています。

不思議と体が軽くなりました。また、相手の顔を見ると少し戸惑っている表情がうかがえます。

2回の立ち合い、心地よく行えたような気がしました。

「無事、七段に合格できました。今までありがとう」と両親や家族へ電話
「おめでとう」との言葉に対する「ありがとう」との言葉が不覚にも上ずってしまった。

お世話になったすべての方々に感謝の言葉も見当たりません。
今後も、引き続き、精進して、立派な人間に成長していきたいと思います。

攻めながら・・・(75~79回目) [剣道]

10月5日(水)1200~1245 職場の体育館
10月12日(水)1200~1245 職場の体育館
10月13日(木)1200~1245 職場の体育館
10月16日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
10月17日(月)1200~1245 職場の体育館

日曜日の指導稽古で、一本勝負を楽しみにしている先生にお願いしました。

御挨拶で先生から、「行くぞ、行くぞ、行くぞ、オリャーっていう感じだ」と言われました(笑)
体の色々なところに、この行くぞオーラが出ているとのこと。

要は、力が入りすぎているということですよね、先生(笑)

「攻めつつ、気配を消すんだよ!」と嬉しそうに先生が言う。

気配を消すことに意識がいくと、私の場合、待ち剣と言われてしまう。

一方で攻めを意識すると、今のような感じ

頭と体が一致しない今日この頃です(笑)
タグ:剣道

あいたた(68~74回目) [剣道]

9月14日(水)1900~ 目黒区立中央体育館
9月18日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
9月19日(祝)0900~ 目黒区立中央体育館
9月21日(水)0700~ 職場の体育館
9月25日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
9月26日(月)0700~ 職場の体育館
10月2日(日)0900~ 目黒区立中央体育館

今朝、腰の調子が悪いなあと思いつつも、
基本稽古、指導稽古と続け、
良い緊張感で痛みを気にすることなく、帰路につきましたが、
家に帰ると、ああ、こ、腰が曲がらない(泣)

ロキソニンを飲んで、明日に備えましょう(笑)
タグ:剣道

環境と心境の変化(56~67回目) [剣道]

8月9日(火)1200~1245 職場の体育館
8月10日(水)1200~1245 職場の体育館
8月12日(金)1200~1245 職場の体育館
8月14日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
8月15日(月)1200~1245 職場の体育館
8月16日(火)1200~1245 職場の体育館
8月17日(水)1200~1245 職場の体育館
8月18日(木)1200~1245 職場の体育館
8月19日(金)1200~1245 職場の体育館
9月1日(木)1200~1245 職場の体育館
9月4日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
9月11日(日)0900~ 目黒区立中央体育館

今日の稽古で範士の先生から、最近の警視庁の試合の結果を引き合いに、基本の大切さのお話がありました。
形の稽古、切り返しを多く重ねてくださいとの言葉にはものすごい重みを感じました。

師範の先生にかかりましたが、基本打ちのように、なかなか突き抜けられない。
上に行きがちの気持ちを下に収めるように、足からかかるように意識しました。

お盆時期に、稽古する時間が確保できましたが、世の中そんなには甘くはなく、
富山での審査は不合格でした。

1年に1回と勝手に決めていましたが、
先週、職場も異動となり、定時に仕事を終える環境がしばらく頂けることとなりました。
これまでのように、日々、疲弊、緊張する場面は少なくなるでしょう。

また、秋の東京の審査はよく見れば祝日!

我が家の大蔵大臣にお願いすることとしました(笑)

タグ:稽古 剣道 審査

8月になってしまった(49~55回目) [剣道]

7月1日(金)1200~1245 職場の体育館
7月4日(月)1200~1245 職場の体育館
7月14日(木)1200~1245 職場の体育館
7月17日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
7月18日(祝)0900~ 目黒区立中央体育館
7月24日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
7月31日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
8月7日(日)0900~ 目黒区立中央体育館

ありがたい?ことに、仕事が繁盛しており、
週1ペースの稽古が続きます。

右手で押し出す打ち方や、
右足が上に上がるクセが、なかなか直らず、
苦戦中です(泣)

早いもので8月
師範の教えを愚直に守って、
もうしばらく、格闘は続きそうです!
タグ:剣道

打ち気になったときに(37~48回目) [剣道]

5月15日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
5月16日(月)1200~1245 職場の体育館
5月28日(土)1000~ 母校の武道館
5月29日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
6月1日(水)1200~1245 職場の体育館
6月2日(木)1200~1245 職場の体育館
6月7日(火)1200~1245 職場の体育館
6月8日(水)1200~1245 職場の体育館
6月14日(火)1200~1245 職場の体育館
6月19日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
6月22日(水)1200~1245 職場の体育館
6月26日(日)0900~ 目黒区立中央体育館

「この理合いの稽古を続けてください。」
稽古後の御挨拶で警視庁の先生に言われました。

前回、稽古をお願いしたのは4月で、
稽古に対する意識は変わらないはずなのだけど、
先生によれば、前回の稽古では感じられなかったそうだ。

今日は、先生が打ち気になったときに、攻め入って起こりを捉えることを繰り返しました。
高い壁に向かって、何度も何度も、ひたすら面を狙い攻め続け、当然歯が立たないのですが、非常に充実した、内容の濃い稽古ができたと感じました。

地稽古でも、基本打ちのように打突するために、
足りないものを、今日の稽古をヒントに考えていきたいと思います。
タグ:剣道

素振り(25〜36回目) [剣道]

4月19日(火)1200~1245 職場の体育館
4月26日(火)1200~1245 職場の体育館
4月27日(水)1200~1245 職場の体育館
4月28日(木)1200~1245 職場の体育館
5月1日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
5月2日(月)1200~1245 職場の体育館
5月3日(祝)1430~ 母校の剣道場
5月5日(祝)0900~ 目黒区立中央体育館
5月9日(月)1200~1245 職場の体育館
5月11日(水)1200~1245 職場の体育館
5月15日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
5月16日(月)1200~1245 職場の体育館

昨日の仕事が午前様だったので、
力を入れている基本稽古はお休みしました。
その代わりに家で素振り
軽い木刀の物打ちを走らせるのは難しいですね。
手の内、左足を気にしながら、
下半身に気持ちを入れて、
びゅっ、と鳴る音を
心地よく聞きました。
タグ:剣道

審査シーズン(16~24回目) [剣道]

3月6日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
3月11日(金)1200~1245 職場の体育館
3月13日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
3月15日(火)1200~1245 職場の体育館
3月22日(火)1200~1245 職場の体育館
3月27日(日)0900~ 目黒区立中央体育館
3月31日(木)1200~1245 職場の体育館
4月1日(金)1200~1245 職場の体育館
4月17日(日)0900~ 目黒区立中央体育館

4月に入ってからは、仕事や週末の予定、また、腰痛も加わり、今日は久しぶりの稽古でした。
警視庁出身の範士の先生も稽古に参加されていました。稽古後のお話で、先生の出身は熊本県とのこと、天候も悪いようで被災された方のことも気になるところ、一日も早い復興を願うばかりです。
また、春の審査シーズンに向けて、先生からは、
○八段、七段でも、子供の頃に戻ったように声を出すこと
○有効打突は狙って打つものではなく、この気勢から自然に出すようにすること
と2点お話を頂きました。聞きやすい言葉ではありますが、奥が深すぎます(汗)
個別的には、まだ、待ってしまっているところがあるとのこと攻めて、手の内を遣い竹刀を走らせ、前に突き抜ける打突さらに、精進します。

監督(11~15回目) [剣道]

2月10日(水)1200〜1245 職場の体育館
2月14日(日)1000〜 目黒区立中央体育館
2月19日(金)1830〜1930 職場の体育館
2月22日(月)1200〜1245 職場の体育館
2月28日(日)1000〜 目黒区立中央体育館

27日の土曜日は、剣道の試合でした。
今回の私の立場は監督、プレーヤー以上に緊張しました。

佐賀のチームとの対戦。実力は相手が数段格上です。
いかにポイントを上回ることができるか、
監督としては、悩みどころです。

ただ、大将戦はうちも自信があります。

大将戦、代表戦を意識した後ろにつなげる戦いをしていこうと、
最低、中堅まで0−1、大将まで1勝ビハインドでつなぐこと、
申し訳ないが、勝気を抑えて、各々のポジションの役割に徹して欲しいと、
各メンバーに説明し、チームを鼓舞しました。

先鋒が1本先取しましたが、直後取り返され引き分け
次鋒は2本負け
ここまではイメージ通りです。

中堅戦、相手は強敵でしたが、虎の子の1本勝をもぎ取ってきました。
ここまでで1−1、本数は2−3です。

イメージ以上の内容なので少し嫌な予感がして、副将に一言声をかけようとしましたが、そのまま送り出しました。

副将戦。中堅以上に強い相手でした。
1本先取され、このまま、時間になってくれとの願いはかなわず、2本負けとなってしまいました。

大将は2本勝ちを収め、結果、2−2の本数4−5の本数負けとなっていました。

稽古量が不足している中、まさに、チームの勝利を目指した善戦であり、「監督の力量不足、申し訳ない」と選手達の労をねぎらいました。

副将を送り出すとき、学生の試合だったら確実に声をかけた場面で、躊躇してしまったことが気になります。

やはり、本数を伝えるべきだったのか、
監督業も毎回反省ばかりです。

切ること(3~10回目) [剣道]

1月22日(金)1200〜1245、1830〜1900 職場の体育館
1月23日(土)1000〜 母校の剣道場
1月24日(日)0900〜 目黒区立中央体育館
1月29日(金)1830〜1930 職場の体育館
2月5日(金)1830〜1930 職場の体育館
2月7日(日)0900〜 目黒区立中央体育館
2月8日(月)1200〜1245 職場の体育館

六段合格前から、刀で切ることをイメージして肩を使って大きく撃つ稽古をしてきました。

合格後も、不満もなく稽古を続けていましたが、左手首のTFCC損傷により、半年、痛みで竹刀をまともに振ることが難しくなりました。

テーピングで固定してなんとか我慢できるようになったものの、痛みを避けて竹刀の上から握ること避けていたのか、また、左手も細くなったのでしょう、
右手を使って置きにいく打突が多くなってしまいました。

昨年末の七段審査後に、これは本気で直さなければと思い、頭を下げて、おろそかとなっていた基本稽古の輪に加えていただきました。木刀による素振り、基本技稽古法と剣道形の稽古、基本打ちを繰り返し、
足の位置、重心の置き方、左手首がグーの状態で竹刀を握っていたことが、師範の指摘により続々と判明しました。

竹刀の上から握ると、痛みではない違和感はまだ手首に残りますが、手の内の冴えが少しづつですが戻りつつあるかなあとか、足と重心を変えるのは体のバランスに変化を与え筋肉痛が激しいのですが、竹刀を通して、相手に気持ちが伝わりやすくなったかなあとか、稽古を重ねて感じるようになっています。

本当に、足元から見つめなおすこと、基本に立ち返ることの重要さを日々肌で感じています。

日曜日には、「切るという意識をもう少し持ちなさい」との助言を頂きました。
そうなんです。ここは、私も悩んでいるところなのです。

振りかぶった大きな打突には賛否があり、ネガティブな意見として「審査の受けが良くない」「色を見せると相手がしらける」と言われ、最近は封印してコンパクトな打突に心がけてますが、手首の状態もあり、切れるところまでは到達していません。

愚痴になっちゃいますが、私の大きな打突はやはりNGなのかなあ・・・
色を見せているわけではなく、単に、切りたいために肩を使っているだけなんだけどなあ・・・

このことについて、まだ、師範に助言は求めていませんが、もうしばらくは、自分で考えてみましょう。
メッセージを送る