So-net無料ブログ作成

自分が求めていることと、相手が望むこと(16~21回目) [剣道]

4月29日(日)0900~ 地元の体育館
4月30日(祝)0900~ 地元の体育館
5月5日(土)0900~ 地元の体育館
5月6日(日)0900~ 地元の体育館
5月13日(日)0900~ 地元の体育館
5月20日(日)0900~ 地元の体育館

体格に恵まれていないので、
直線的に圧をかけても効かない(下がる)先生に対しては、足を作りながら左右に裁き攻め、相手の打ち気を誘い起こりを捉える。
基本は面ですが、起こりに対して打突部位を等しく撃つ、特に、突きは意識して取り入れ、攻めの引き出しを多くする。
主導権を握る立ち会いを考えた先月時点の結論を踏まえ実践へ、
とにかく、苦手意識のある先生にかかった。

自分としては良い感触を得たのですが、
先生方の反応がいまいちなのです…

「まっすぐ練られる方が恐い。」
「面の撃ち合いになると思っていたので、拍子抜けした。」

自分から攻めて起こりを捉え面以外の打突部位に完璧に当てているにも関わらず、相手の心には響いていないのかと不思議な気持ちになりました。

周りの先生方は、小さい私が正攻法で直線的に攻めてドカンと面に来ることに心を動かされているか??

自分探しはまだまだ続きそうです(笑)
タグ:稽古 剣道
nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー