So-net無料ブログ作成

打ちが小さい(40〜47回目) [剣道]

6月3日(月)1200〜1230 職場の体育館
6月4日(火)1200〜1230 職場の体育館
6月5日(水)1200〜1230 職場の体育館
6月6日(木)1200〜1230 職場の体育館
6月7日(金)1200〜1230 職場の体育館
6月11日(火)1200〜1230 職場の体育館
6月14日(金)1200〜1230 職場の体育館
6月15日(土)1600〜 地元の体育館

怪我や風邪をこじらせた関係で久しぶりとなった地元での稽古
先を取ること、そのための足さばきに気をつけながら、八段の師範に掛かりました。

「打ちが小さくなっているぞ」
「攻め勝った時点で、しっかり左手を上げなくちゃ」
稽古後の師範からの御指摘

攻めに入るとき右手に力が入り、剣先が浮いた状態になる時があるので、左手を使って剣先を上げずに平行移動することに心掛けていたこと、相手の起こりを捉えたい気持ちが強く「すっ」と攻めてからの打突を早くしていたことが打ちを小さくしてしまったのか?

小手打ちは騙せても、「面の打突が弱いかな」と自分自身感じていたこともあり、ありがたい助言となりました。

また、先を取る足さばき、師範の真似をしてみますが、常に足を作る、軸を作る動きを相当鍛錬しなくてはと感じました。

基本稽古も含めた2時間の稽古
あーでもない、こーでもないと考えることが多く、足腰もパンパンですが、
家に帰った後のビールは最高ですね。
タグ:稽古 剣道
nice!(8)  コメント(0)